錆園 -サビノソノ-

海外での旅の風景、日本各地の炭鉱跡や古い風景を写真に収め公開しています。Webサイトはこちら 【RustyGarden】 http://rusty-garden.lix.jp/

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: インド ジャイサルメール

Tags: α900  CarlZeiss DistagonT*35mmF2 ZS  SIGMA12-24mmF4.5-5.6EX DG  インド  ジャイサルメール  

Comment (0)  Trackback (1)

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その7

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その7


-砂漠の民が作る料理は砂もスパイスの一つ-



インド_ジャイサルメール039
SONY α900 SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG


朝8時、今日からキャメルサファリだ。
ラクダにはジャイサルメールから乗るのではなく
ジープで郊外まで移動し、指定のポイントからラクダに乗って砂漠を目指す。



インド_ジャイサルメール040
SONY α900 SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG



キャメルサファリの前に、郊外の小さな村へと案内してもらう。
この村は運転手のセミュールの出身地。
村を散策し、彼の実家へと連れて行って貰う。
彼の家族は我々をとても暖かく迎えてくれた。
インド恒例のチャイをご馳走してもらいながら家で休憩。
彼の生まれた家はとても小さく、土を塗り固めた砂漠の村らしい家だった。



インド_ジャイサルメール041
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール042
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール047
SONY NEX5 KONICA MINOLTA AF85mm F1.4 G(D)



ひたすらジープで砂漠の道を行く。
目立った物は何もない。
だがそれが良い。
あるのは砂と岩と砂漠特有の植物だけだ。
何も無い砂漠の道をひたすら走るのは、砂漠を見慣れない日本人にとって最高の贅沢である。
風を直接感じるジープはとても心地がよかった。



インド_ジャイサルメール044
SONY α900 SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG



突然セミュールがジープの運転を薦めてくる。
もちろん断る理由はない。(国際免許を持っていないというツッコミは無しで。)
操作感覚は軽トラのような感じだ。
ハンドリングはかなり不安定である。
だが慣れればなんて事はない。ちょっとポンコツなマニュアル車だ。
まさかインドの砂漠でジープを運転する事になるとは夢にも思っていなかった。
街中を走るのとはわけが違う。
楽しくてしょうがない。
一応アスファルトの道路が引いてあるのだが、近道をするために好き勝手にオフロードを走る。
しばらく砂漠を走った後、本流のアスファルトの道路へ乗る。
だがその先にはさらに思いもよらないイベントが待っていた。
なんとインド映画のロケを道のど真ん中でやっているのだ。
スタッフから、早く道から車をどけてくれと言われるのだが…
このポンコツジープ、とにかくエンストを起こす。
道からそれる前にエンストでストップしてしまった。
スタッフから、苛立ちの空気が…。
なんとかエンジンをかけ、車をフレームアウトさせる。
セミュールのススメで暫く見学する事になった。
チラリと見える主演女優は、それなりに有名な女優らしい。
音楽スタートと同時にエキストラが踊り出す。
まさにインド映画。
なかなか貴重な物を見る事が出来た。



インド_ジャイサルメール043
SONY α900 SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG

インド_ジャイサルメール046
SONY NEX5 KONICA MINOLTA AF85mm F1.4 G(D)



さて、映画のロケを見終え指定のポイントまで進む。
道から逸れた場所でラクダ使いが荷物をまとめている。
どうやら此処が出発地点らしい。
出発の前に彼らがランチを作ってくれるという。
砂漠の民のローカル料理だ。
何となく観光客用にちょっと豪勢にカスタマイズされているのかと思いきや、本当にローカルである。
かなり大雑把に切った野菜とマサラで作ったアッサリしたカレーと、
手作りのチャパティが目の前にならぶ。
当然ローカルなのでフォークやナイフ、スプーンはない。
彼らと一緒に手でベチャベチャわしわしと食べる。
かなり薄味。
いや、そんなことより砂でジャリジャリだ。
なるほど、砂漠の民が作る料理は砂もスパイスの一つといった所らしい。
一通り食べ終わると彼らは片付けに入る。
と、その時目を疑う光景が…
地面の砂をおもむろに砂を皿やコップふりかけ、わしわしとこすりだす。
ある程度汚れが落ちるとポリタンクに入れてあった泥水で砂を洗い流しフィニッシュだ。
どうやら期待通り、ガチな砂漠の旅が楽しめそうだ。
とりあえずお腹を壊す事だけは無いように祈る。



インド_ジャイサルメール045
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS





写真ページに移動



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 旅の写真  ジャンル : 写真

プロフィール

浅井 寛司

Author:浅井 寛司
錆園-サビノソノ- へようこそ。
当blogでは浅井が撮影した旅の写真、鉱山跡、廃墟などを紹介します。

RustyGardenはこちら。

関連するタグ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2012
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。