錆園 -サビノソノ-

海外での旅の風景、日本各地の炭鉱跡や古い風景を写真に収め公開しています。Webサイトはこちら 【RustyGarden】 http://rusty-garden.lix.jp/

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: インド ジャイサルメール

Tags: α900  CarlZeiss DistagonT*35mmF2 ZS  インド  ジャイサルメール  

Comment (2)  Trackback (0)

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その5

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その5


-当たり前のルールはここに存在しなかった-



インド_ジャイサルメール020
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール021
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール022
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



18時間と聞いて、とてつもない苦痛で暇な時間を覚悟していたのだが…
意外にも楽しい時間が尽きない。
外の景色も飽きないし、足が伸ばせるので飛行機のエコノミーよりも楽だ。

なんだかんだと時間は過ぎ、夕食のお弁当売りがやってくる。
お弁当を注文した後しばらくするとやってくる。
想像よりも悪くない。が、癖はある。
おまけに、とても酸っぱい不思議な漬物?がのっている。
流石にこの漬物は残してしまった。
外人が始めて梅干しを食べるようなもんだろう。
ご飯を食べていると、チャイ売りがやってくる。
一杯頂いたがなかなかどうして、うまいじゃないか。
甘く暖かいチャイが心に沁みる。
一通り電車ライフを堪能し寝床についた。



インド_ジャイサルメール023
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



目が覚めると窓の外は明るい。
いくつかの駅を通りすぎだいぶ進んだのだろう。
デリー周辺とは全く違う国のようだ。
干ばつ地帯らしい光景に胸踊らせる。
そんな光景に見惚れいると、チャイ売りの少年がやってくる。
ちょうどチャイが恋しくなってきた所なので、一ついただく。
ついでに揚げパンのようなサモサのような、
朝ごはんっぽい物も売っていたのでそれも頂く。



インド_ジャイサルメール024
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



なかなか美味。
チャイと揚げパンを食べながら、さらに電車はすすむ。
とある駅で電車がストップする。
なかなか動く様子もなく、おなじ車両のインド人も荷物を座席に残したまま
ぶらぶらとプラットフォームでお菓子を買っている。
休憩時間?トラブル?アナウンスもないのでよくわからないまま一緒に外へ出る。
そんなおり、プラットフォームで家族でランチをとっている一家団欒を目撃。
彼らはとてもフレンドリーで、是非自分たちを写真に撮ってくれと何やら楽しげだ。
さらに食べているインド式オヤツ?ランチ?を紙に包んで頂いてしまった。
10分ほどの付き合いだが、かなり打ち解けた。
ウソを付くインド人も多いが、純粋なインド人もとても多い。
赤ちゃんからお姉ちゃんお兄ちゃんお父さんお母さん、
一家でワイワイと受け入れてくれる。
向こうからすれば、こちらは変なアジアだ。
皆で写真を撮ろう!と誘われて、家族皆で写真を撮った。
日本人は良くも悪くも生真面目な民族だが、インド人のように大人になっても無邪気で誰でも受け入れてくれる懐の深さはあまり無い。
『知らない人は見ず触らず』
そんな国で育った自分にとって、このカルチャーショックは大きい。

しばらくし、反対車線に電車が到着すると家族全員でその電車へ走って行った。
プラットフォームからでは無く、線路に飛び降りて…。
老若男女、辺りのインド人が一斉に線路へ飛び出し、
電車へ走って突撃する姿はシュール過ぎである。
プラットフォームから電車に乗る。と言う当たり前のルールはここに存在しなかった。

呆気にとられていると、自分の電車も動きだす。
ジャイサルメールまであと3時間ほどだ。
のんびりと外を眺めていると、やたらとテンションの高い青年が声をかけてくる。
いろいろと話しをしているとどうやらジャイサルメールのホテルの呼び込みらしい。
胡散臭いと思いつつ、パンフレットを貰うと
インターネットでいくつか目星をつけていたホテルだった。
カーンと名乗る彼は、デリーに彼女を送りに行っていたという。
とりあえず、詳しい話しを聞くため彼のホテルへ向かう事になった。



インド_ジャイサルメール025
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール026
SONY NEX5 KONICA MINOLTA AF85mm F1.4 G(D)

インド_ジャイサルメール027
SONY NEX5 KONICA MINOLTA AF85mm F1.4 G(D)




写真ページに移動



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 旅の写真  ジャンル : 写真

Comments


トイレが好きです。
外国のトイレとか、自分が見慣れたトイレと違うのを見ると、気分が盛り上がります。
このトイレは、列車のトイレですね?
便器の中に足場があると考えてよろしいのでしょうか。
あと、前の銀色の部分にもかけてOKな感じ?
いいなー。ナイストイレ!

>塔子さん

寝台列車のトイレですw

銀色のところまで用を足すスペースみたいですね。
結構揺れるので、しゃがんだ状態でバランスを崩すと残念なことになりそうです・・・
男女共有のトイレなんですが、日本の婦女子の方々には厳しそう^^;

外国のトイレ・・・
福建土楼にあった壷が衝撃でした。






プロフィール

浅井 寛司

Author:浅井 寛司
錆園-サビノソノ- へようこそ。
当blogでは浅井が撮影した旅の写真、鉱山跡、廃墟などを紹介します。

RustyGardenはこちら。

関連するタグ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。