錆園 -サビノソノ-

海外での旅の風景、日本各地の炭鉱跡や古い風景を写真に収め公開しています。Webサイトはこちら 【RustyGarden】 http://rusty-garden.lix.jp/

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: インド ジャイサルメール

Tags: α900  CarlZeiss DistagonT*35mmF2 ZS  インド  ジャイサルメール  

Comment (0)  Trackback (0)

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その9

india jaisalmer -黄金の街 ジャイサルメール- その9


-君たちは本当にハッピーだ!-



インド_ジャイサルメール058
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



今日は一日ジャイサルメールの街を散策する。
ホテルから、タダでガイドを付けてくれるというのでお願いする事にした。
ガイドはサンティとうい初老の紳士だ。
この辺りでは珍しい洋服とハットを被り、ヒゲも気を使って整えているのが良くわかる。
彼は周囲の村では無く城壁の中で生まれ育ったという。
振る舞いもとても紳士で、
「私はインド人としてのプライドがある」
と言って必要な水などさらりと奢ってくれた。
いろいろと話して居ると、彼はカーストのかなり上位だとの事。
彼のプライドと紳士な振る舞いに納得した。
無駄にお金が必要な観光スポットを避け、お金をかけずに観れる最高のスポットを彼のエスコートで回る。
一部のスポットでは彼の顔でチケットを買わずに通らせて貰得る程、彼はこの街で顔が通るらしい。
この街で見んな僕を知ってるんだよ、というかれの言葉は本物だった。



インド_ジャイサルメール059
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



途中、途轍もないスコールが城を襲った。
いきなりの雨に立ち往生するが、サンティのエスコートでベチャベチャになりつつも難を逃れた。
しかしスコールとは恐ろしいもので、ものの数分で石畳 の道は川のように濁流でいっぱいになった。
ジャイサルメールは一年を通してほぼ雨が降らない土地なのだが、
今年は三年ぶりらしい。
この街の人は口を揃えていう。
君たちは本当にハッピーだ!ジャイサルメールで雨に出会えるなんて!!
と。



インド_ジャイサルメール060
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



観光としては最悪の雨も、彼らの雨に対する喜びを見て居ると何故かラッキーな気分になってくる。
とにかく彼らにとって雨は特別なのだ。
雨も大人しくなり、ジャイサルメールと言えば此処。というハーヴェリへとやって来た。
絢爛豪華な、金持ちの屋敷あとだ。
とにかく石彫りの装飾が見事で、めまいがする程のディティールだ。



インド_ジャイサルメール073
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール074
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



ハーヴェリを堪能した後は湖へと歩いて行く。
湖へ行く途中、目の不自由な老婆が車椅子に座っていた。
彼女は僕の友達なんだ。とサンティが言う。
何もできない彼女をいつも支えているのだという。
毎日ご飯を持っていき、薬や病院へ連れて行ったりしている。
サンティが、来たよ。というと老婆はとても嬉しそうにしていた。
僕が彼女にしている事。それが僕の“カルマ”なんだ。
という。



インド_ジャイサルメール061
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



彼の行いを見て居ると、裕福な環境に甘えている自分が恥ずかしく思えた。
湖へ着くと、大量のナマズが泳いでいる。
サンティが売店から持って来た餌をナマズに投げ込むと
ナマズは一気に餌へと食らいつく。
これもカルマなんだよ。と言う。
また、近くでアリに餌をあげている老婆を見つけ、
彼女が行っている行為も彼女のカルマなんだ。という。
一日彼の付き添いで街を巡った。
迷路のような街だが、彼のおかげで良い街巡りが出来た。
終始、紳士な態度の彼は本当のジェントルマンだった。
ガイドが終わると何事も無かったように帰って行った。
今晩は城内にあるちょっと良い別のホテルを予約してあるのだが、今まで泊まっていたホテルのスタッフが、夕食は僕からのプレゼントだと言うのでここで最後の夕食をとる。
彼の手作りカレーはなかなかのものだった。
夕食後は城内のホテルでゆっくりとする。
部屋には城外に向けたバルコニーがあり、ジャイサルメールの街を一望出来た。
天気が良ければ最高だったろうに。



インド_ジャイサルメール062
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール063
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

インド_ジャイサルメール064
SONY α900 コシナ Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS





写真ページに移動




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : 旅の写真  ジャンル : 写真

Comments






プロフィール

浅井 寛司

Author:浅井 寛司
錆園-サビノソノ- へようこそ。
当blogでは浅井が撮影した旅の写真、鉱山跡、廃墟などを紹介します。

RustyGardenはこちら。

関連するタグ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。